鋼の錬金術師ウィキ
(カテゴリを追加)
 
(3人の利用者による、間の7版が非表示)
2行目: 2行目:
 
*{{人}}{{ネタバレ}}
 
*{{人}}{{ネタバレ}}
 
===説明===
 
===説明===
  +
※原作及び第2作アニメと第1作アニメではキャラが異なるので、別々に説明する。
*セリムが傲慢(プライド)。
 
  +
  +
====原作====
 
*[[セリム・ブラッドレイ]]が傲慢(プライド)。
  +
*一番最初に作られた[[人造人間]]。元である[[お父さま]]がフラスコだった頃の姿と同じ姿となって生まれている。
  +
*目や口が無数についた影をあやつる能力を持ち、光のあるところでは自由自在に影を伸ばす攻撃をすることが出来る。
  +
**ただし行動範囲に制限がある([[スロウス]]が掘った地下トンネル内と[[セントラル]])ため、セントラル以外へ移動の際には容れ物であるセリムに入った状態で行動する。
  +
**[[ヴァン・ホーエンハイム]]によると、<br/>「'''お父さまの本質自体が「傲慢」であるが故に最初に切り離し、性格や容姿を似せて作った'''」と指摘している。
  +
*ホムンクルスとして正体を現すときは、少年という見た目とは反して紳士然とした丁寧な口調で話す。
  +
**しかし本質自体は「傲慢」という名の通りで、他の兄弟ですら駒同然の非情な扱いをしている。
  +
***地下を掘るのを怠けている[[スロウス]]ですら[[レイブン]]から名前を聞いただけで震え上がり、地下を掘る作業を続行している。
  +
**人間のことを馬鹿にしている様子がある。<br/>しかしホムンクルスの矜持を述べる一方で、(我々とは違い)人間には揺ぎ無い信念を持っていると評している。
  +
***ブラッドレイ夫人とのやり取りを「家族ごっこ」と称しているが、母親の情には興味があるようで「あれは好き」と吐露している。
  +
  +
  +
*セリムの正体を知った[[リザ・ホークアイ]]の前に姿を現し、監視していると脅迫めいた発言をした。
  +
*約束の日を前に[[グラトニー]]の嗅覚を利用して東部にいる[[アルフォンス・エルリック]]を見つけて影の力で拘束し操る。
  +
*約束の日前夜に[[カラマ]]にいる[[エド]]達の前にアルを操った姿で現れる。
  +
**[[エルリック兄弟]]の前に現れたのは人柱としてお父様の所に連れて行くためで、「抵抗するようであれば、足をへし折ってでも連れて行く」とも言っていた。
  +
*エドの錬成で明かりがなくなってしまい、[[ハインケル]]によって容れ物を攻撃され続けたが攻撃に全く動じず明るくなると影の力で返り討ちにした。
  +
**しかし、閃光弾を持つ[[フー]]の加勢と[[グリード]]のように[[機械鎧]]を炭素硬化したエドの攻撃により形勢逆転してしまい、アルを奪還されてしまう。
  +
*賢者の石の力が弱まると、同行していた[[グラトニー]]を吸収。
  +
**吸収後は、グラトニーの嗅覚と空腹感を取り込む。
  +
**本人曰く空腹感は邪魔だった様子。
  +
  +
*カラマでの戦闘の際、[[ホーエンハイム]]によって[[アルフォンス・エルリック]]と共に閉じ込められる。
  +
**アルの頭を枝で叩いて軍用符号(トーンツー)を流して[[お父さま]]に救助要請を出す。
  +
**約束の日当日、[[ゾルフ・J・キンブリー]]の助けにより脱出。
  +
**[[賢者の石]]を利用した錬成により、セントラルへの逃走を許してしまうが想定の範囲内だったようで追いかけなかった。
  +
**ハインケルとの戦闘で瀕死の状態のキンブリーを取り込む。
  +
  +
*中央司令部地下で[[金歯の錬金術師]]殺して、頭の中の[[人体練成]]の記憶を利用して強制的にマスタングを真理の扉へ送り込む。
  +
**人体練成を行った影響で、練成終了後顔の部分が分解され始めていた。
  +
*エドとの戦闘でキンブリーと同様に取り込もうとしたが、キンブリーの乱入によりエドが自身の中に入って来てしまう。
  +
*最後は豆粒のような赤ん坊の姿でセリムの身体から取り出されてしまう。
  +
**約束の日終結後、上記の姿でブラッドレイ夫人に引き取られてすくすくと育っている。
  +
**[[人造人間]]達の中では唯一の生き残り。
  +
  +
====第1作アニメ====
  +
*[[キング・ブラッドレイ]]が傲慢(プライド)だった。
  +
*能力は原作と同じで'''最強の眼'''と'''年を取ること'''だが、空気の流れが分かるという設定が付加されている。
  +
*マスタングが大総統邸宅に侵入した際、気密性の高い酒蔵で対峙する。
  +
**マスタングを瀕死にまで追い込むが、逃げたはずのセリムが持ってきた自身の頭蓋骨によって形成逆転。
  +
**頭蓋骨を灰になるまで燃やされて消滅する。
  +
  +
  +
 
<!--**別名-->
 
<!--**別名-->
 
<!----->
 
<!----->

2011年3月14日 (月) 03:26時点における最新版

  • 読み
    ぷらいど/ねたばれ
  • 人
    ネタバレ

説明[]

※原作及び第2作アニメと第1作アニメではキャラが異なるので、別々に説明する。

原作[]

  • セリム・ブラッドレイが傲慢(プライド)。
  • 一番最初に作られた人造人間。元であるお父さまがフラスコだった頃の姿と同じ姿となって生まれている。
  • 目や口が無数についた影をあやつる能力を持ち、光のあるところでは自由自在に影を伸ばす攻撃をすることが出来る。
    • ただし行動範囲に制限がある(スロウスが掘った地下トンネル内とセントラル)ため、セントラル以外へ移動の際には容れ物であるセリムに入った状態で行動する。
    • ヴァン・ホーエンハイムによると、
      お父さまの本質自体が「傲慢」であるが故に最初に切り離し、性格や容姿を似せて作った」と指摘している。
  • ホムンクルスとして正体を現すときは、少年という見た目とは反して紳士然とした丁寧な口調で話す。
    • しかし本質自体は「傲慢」という名の通りで、他の兄弟ですら駒同然の非情な扱いをしている。
      • 地下を掘るのを怠けているスロウスですらレイブンから名前を聞いただけで震え上がり、地下を掘る作業を続行している。
    • 人間のことを馬鹿にしている様子がある。
      しかしホムンクルスの矜持を述べる一方で、(我々とは違い)人間には揺ぎ無い信念を持っていると評している。
      • ブラッドレイ夫人とのやり取りを「家族ごっこ」と称しているが、母親の情には興味があるようで「あれは好き」と吐露している。


  • セリムの正体を知ったリザ・ホークアイの前に姿を現し、監視していると脅迫めいた発言をした。
  • 約束の日を前にグラトニーの嗅覚を利用して東部にいるアルフォンス・エルリックを見つけて影の力で拘束し操る。
  • 約束の日前夜にカラマにいるエド達の前にアルを操った姿で現れる。
    • エルリック兄弟の前に現れたのは人柱としてお父様の所に連れて行くためで、「抵抗するようであれば、足をへし折ってでも連れて行く」とも言っていた。
  • エドの錬成で明かりがなくなってしまい、ハインケルによって容れ物を攻撃され続けたが攻撃に全く動じず明るくなると影の力で返り討ちにした。
    • しかし、閃光弾を持つフーの加勢とグリードのように機械鎧を炭素硬化したエドの攻撃により形勢逆転してしまい、アルを奪還されてしまう。
  • 賢者の石の力が弱まると、同行していたグラトニーを吸収。
    • 吸収後は、グラトニーの嗅覚と空腹感を取り込む。
    • 本人曰く空腹感は邪魔だった様子。
  • カラマでの戦闘の際、ホーエンハイムによってアルフォンス・エルリックと共に閉じ込められる。
    • アルの頭を枝で叩いて軍用符号(トーンツー)を流してお父さまに救助要請を出す。
    • 約束の日当日、ゾルフ・J・キンブリーの助けにより脱出。
    • 賢者の石を利用した錬成により、セントラルへの逃走を許してしまうが想定の範囲内だったようで追いかけなかった。
    • ハインケルとの戦闘で瀕死の状態のキンブリーを取り込む。
  • 中央司令部地下で金歯の錬金術師殺して、頭の中の人体練成の記憶を利用して強制的にマスタングを真理の扉へ送り込む。
    • 人体練成を行った影響で、練成終了後顔の部分が分解され始めていた。
  • エドとの戦闘でキンブリーと同様に取り込もうとしたが、キンブリーの乱入によりエドが自身の中に入って来てしまう。
  • 最後は豆粒のような赤ん坊の姿でセリムの身体から取り出されてしまう。
    • 約束の日終結後、上記の姿でブラッドレイ夫人に引き取られてすくすくと育っている。
    • 人造人間達の中では唯一の生き残り。

第1作アニメ[]

  • キング・ブラッドレイが傲慢(プライド)だった。
  • 能力は原作と同じで最強の眼年を取ることだが、空気の流れが分かるという設定が付加されている。
  • マスタングが大総統邸宅に侵入した際、気密性の高い酒蔵で対峙する。
    • マスタングを瀕死にまで追い込むが、逃げたはずのセリムが持ってきた自身の頭蓋骨によって形成逆転。
    • 頭蓋骨を灰になるまで燃やされて消滅する。